東京都の葬儀社「東都葬祭」 - 葬儀、家族葬、一日葬を安心価格でご提供/東京・大田区・品川区・横浜

家族で送るお葬式。大田区の「東都葬祭」家族で送るお葬式。大田区の「東都葬祭」

大田区の葬儀に関するお問い合わせは24時間対応・年中無休 0120-02-6976
文字サイズ標準拡大
2019年 01月 02日の記事をご紹介します。当ページでは「大田区 葬儀」に関して毎日発信されるホットな情報を掲載いたします。 「大田区 葬儀」に興味のある方は是非ご覧ください。
ご紹介する記事は2019年 01月 02日現在「大田区 葬儀」の情報を探されている方のにとって有益な情報です。削除希望のサイト運営者様は、お手数ですがその旨お知らせください。
<< | >>

2019年 01月 02日 「大田区 葬儀」に関する記事のご紹介

評論家の西部邁さん入水自殺 多摩川河川敷に遺書も - 日刊スポーツ

時事通信評論家の西部邁さん入水自殺 多摩川河川敷に遺書も日刊スポーツ通夜、葬儀・告別式は行わない。 警視庁によると、21日午前6時40分ごろ、大田区田園調布5丁目の多摩川河川敷で、西部氏の長男から「父親が川に飛び込んだ」と110番通報があった。警官や消防が西部氏を救出したが意識はなく、搬送先の病院で死亡が確認された。西部邁さん、昨年末友人に「僕は年明けに死ぬ」と打ち明けていたスポーツ報知西部邁さん貫いた「自裁死」独自の最期を決意東スポWeb78歳西部邁氏が多摩川で入水自殺か 保守派の論客、92年に正論大賞サンケイスポーツall 101 news articles&nbsp;&raquo;

評論家の西部邁さん入水自殺 多摩川河川敷に遺書も - 日刊スポーツ

普通の主婦が倒産寸前の町工場の社長になったワケ - 読売新聞

読売新聞普通の主婦が倒産寸前の町工場の社長になったワケ読売新聞ドラマのモデルとなったのは、精密金属加工の「ダイヤ精機」の2代目社長・諏訪貴子さん(46)だ。13年前、夫は勤務する会社で米国赴任が決まっていた。6歳になった一人息子とともに渡米し、家族3人で新しい生活の準備をしていた。夫と子どもを家庭で支える主婦だった諏訪&nbsp;

普通の主婦が倒産寸前の町工場の社長になったワケ - 読売新聞

赤間剛勝さん葬儀・告別式、さとう宗幸「青葉城恋唄」で最後の別れ - サンケイスポーツ

赤間剛勝さん葬儀・告別式、さとう宗幸「青葉城恋唄」で最後の別れサンケイスポーツ元キングレコード常務で、7日に肺がんのため77歳で死去した音楽評論家、赤間剛勝(たけかつ)さんの葬儀・告別式が17日、東京都大田区の臨海斎場で営まれ、歌手、さとう宗幸(68)が弔辞を読んだ。 「来年のデビュー40周年を一緒に迎えたかった」と遺影に語りかけ、赤間&nbsp;and more&nbsp;&raquo;

赤間剛勝さん葬儀・告別式、さとう宗幸「青葉城恋唄」で最後の別れ - サンケイスポーツ

原健二氏死去(元東海パルプ〈現特種東海製紙〉社長) - 時事通信

時事通信原健二氏死去(元東海パルプ〈現特種東海製紙〉社長)時事通信原 健二氏(はら・けんじ=元東海パルプ〈現特種東海製紙〉社長)21日午前7時40分、虚血性心不全のため東京都大田区の病院で死去、86歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は妻喜美子(きみこ)さん。連絡先は特種東海製紙社長室。(2018/06/22-20:16).and more&nbsp;&raquo;

原健二氏死去(元東海パルプ〈現特種東海製紙〉社長) - 時事通信